社長あいさつ
1969年、前身の多田精工(株)が厨房用器具栓(手動ガスバルブ)の生産部門として設立されて以来、半世紀にわたり主にガス機器の開発・生産を担ってまいりました。
現在、厨房・給湯器用ガスバルブをはじめ、ガス機器の重要な基となるアルミダイカストを核とした技術を追求し、ダイカストから加工・組立まで一貫生産のものづくりを生かし、安全・安心な部品を提供させて頂いております。
私たち多田スミスは、常にチャレンジし新たな価値を創造し、人のしあわせと社会の発展に貢献してまいります。

代表取締役社長 梶本 寿男