多田スミスの沿革
1969年4月
ハーマン(旧ターダ)の器具栓生産部門を切り離して多田精工株式会社設立
1971年7月
ボックスガス栓”カチックス”の生産を開始
1971年9月
貯湯式給湯機一貫生産工場として株式会社多田スミス設立
1982年4月
多田精工・多田スミスを合併し、(株)多田スミスを存続社名とする
1982年4月
ガス迅速継手”カチット”の生産を開始
1986年12月
アルミダイカスト工場を新築
1994年10月
ダイカスト工場増築(500T、250T増設)
1997年4月
ISO9002認証取得
1997年11月
貯湯型給湯器生産終了
1998年7月
工場増築し、厨房用高効率バーナ生産開始
1998年11月
ISO9001認証取得
1998年11月
気密検査バルブ(CH機能部品)を開発し生産開始
2001年4月
ISO14000S 認証のため環境管理活動スタート
2001年8月
自在型小口径カチットを開発し生産開始
2001年9月
ノーリツグループ会社となる
2002年1月
ISO14001 認証登録
2002年2月
TSPS活動キックオフ
2002年10月
温水組立工場増設
2005年4月
ダイカストマシン250t(11号機)増設
2006年12月
CNC自動旋盤設備2台増設
2007年3月
バーナー塗装工場増設
2007年7月
電動器具栓(ガスコントロールユニット)組立開始
2007年9月
ダイカストマシン350t(12号機)増設
2009年8月
化成処理設備を設置しアルミ表面処理内製開始
2010年10月
ダイカストマシン350t(13号機)増設
2011年8月
モリブデン塗装設備を設置し、プランジャー内製開始
2012年3月
太陽光発電(100kW/h)設備を設置し自家発電開始
2012年10月
ダイカストマシン135t(14号機)増設
2014年8月
ダイカストマシン250t(15号機)増設
2014年8月
LNGサテライト設備導入(LPG→LNG転換)
2016年9月
ダイカストマシン 250t(16号機)増設
2016年10月
ダイカスト第2工場 増築